カマグラゴールドの副作用を知っておきたい

肘をテーブルについて体調が悪そうな男性
血管拡張・血行促進作用があるカマグラゴールドですが、勃起を促す陰茎周辺だけでなく他の部分にも影響するので、さまざまな副作用を引き起こす可能性もあるのです。
代表的な症状には、顔のほてりや動悸・鼻づまり・頭痛などがありますが、悪化したり重篤な副作用が起きた場合には早めの対処が必要となるため、事前に知っておくべきことといえるでしょう。

カマグラゴールドの副作用について理解したうえで、安全にED治療をおこなってください。

ほとんどの副作用は効果が切れるまで

基本的に薬の作用が切れると、副作用も落ち着くことがほとんどです。
飲み始めや服用して効果があらわれはじめるタイミングになると、副作用が起こりやすいといえますが、しばらくすると徐々に症状は落ち着いてきます。

しかし、稀に時間の経過とともに症状が悪化したり重篤な副作用が起こったら早めに病院へ行くなどの対処が必要になる場合もあるのです。
カマグラゴールドの副作用で最も注意が必要な症状は、勃起持続症で他のED治療薬に対しても同じことがいえます。

4時間以上も勃起状態が続いて血流障害を引き起こしている状態で、最悪の場合は組織の壊死にもつながるとても危険な症状です。
痛みを伴っていなければ緊急性はありませんが、痛みを伴っていれば緊急度が高いため勃起状態が続く勃起持続症の可能性を感じたら、すぐに病院を受診してください。

体質に合わない場合もある

時計と男性のシルエットとカマグラ
服用後すぐに体調を崩したり、時間とともに症状が悪化してくる場合は体質に合っていない可能性があります。
このとき服用量を減らすなどして、副作用が改善されることもあるので服用量を見直すことも大切です。

そして過去にシルデナフィルクエン酸塩でアレルギー症状があらわれたことがある場合は、服用は止めてください。
バイアグラで問題がなくても、バイアグラジェネリックであるカマグラゴールドでは副作用が強くあらわれてしまったり逆にカマグラゴールドだと副作用が全くでない、ということも起こり得ます。

服用量を調整してみても比較的副作用が強くあらわれるなど、体質に合っていない可能性を感じたら他のバイアグラジェネリックを試してみることもおすすめです。

副作用を強める危険性を回避しよう

カマグラゴールドは薬なので、併用禁止薬も存在しますが他の治療に対しても何らかの影響を及ぼす可能性があります。
現在服用中の薬があったり治療中の症状がある場合は医師に確認してください。

またアルコールは効果を弱めたり副作用を強める可能性があるため、カマグラゴールド服用時はアルコールを摂取しないことをおすすめします。
きちんとカマグラゴールドのことを知って、副作用を強める危険性を回避してください。